コンセプト

空室照会

伊豆山研修センター建物
日本一、そして世界一の研修施設を目指して。

海を眺め、山に抱かれ。

静寂の中だからこそ、学べることがある。
歴史ある地だからこそ、深まる時間がある。
伊豆山の新緑と相模湾の水平線を一望する風光明媚なこの地で学び・憩い・育つ。

「伊豆山研修センター」ここは、身体と精神を養い、学びの心を集中し、成長させる場所。

新たな歴史を作り出す人材を育成するに相応しい環境が、ここにあります。

悠久を刻む静寂の地へ。

歴史と文化に満ちた古からの修行の地・伊豆山。

弘法大師 空海も修行に訪れたと伝わる伊豆山は、古くより多くの修験者が修行を積んだ「学びの聖地」。千有余年にわたる歴史の舞台となった名所旧跡や数多くの文化財が残るこの地には、新たな時代を担う人材を育成するに相応しい静寂さと、充実した研修環境が整っています。

伊豆山神社

斎藤実盛の墓

平安時代末期の武将として有名な斎藤別当実盛は、篠原の戦いにて木曾義仲に敗れ、この地で最期を迎えました。

吾妻社

日本武尊のために荒れ狂う海に身を捧げた弟橘姫の袖がこの地に流れつき、祀られていると伝わっています。

石切り場

伊豆山研修センターの敷地内には、江戸城の石垣を築くための「丁場」と呼ばれる石切り場跡が残っています。

頼朝・政子腰掛け石

源頼朝と北条政子がこの地で忍び逢い結ばれたことから、「縁結びのパワースポット」として人気を集めています。