沿革|ユニホー会社概要

沿革

1969創業(株)麦島建設のサービスセンターとして業務開始。
1972 株式会社ユニホー設立。資本金1,000万円。
名古屋市名東区一社にて営業開始。
1973 資本金を3,000万円に増資。名東区一帯を舞台に業務拡大。
分譲マンション第1号を名東区一社にて等価交換方式で完成。
1974 ユニホー・オリジナルブランド【ユニーブル】を冠した「ユニーブル新栄」分譲。
1975 最初の営業所「東京渋谷営業所」開設。
1976 「名古屋北営業所」開設。資本金を1億5,000万円に増資。
1977

「天白営業所」開設。地域密着型の拠点ネットが整う。
コミュニケーション誌「ゆに~ぶる」創刊。
無借金経営の原則から資本金を2億に増資。

5年間に資本金は20倍に、売上は約19倍に伸長。

1978 名東区上社に住宅展示場を開設。
東京地区で【ユニーブル】シリーズ第1号「ユニーブル小杉」発売。
「大阪営業所」開設。
1979 資本金を3億円に増資。
1980 京都市上京句で「ユニーブル仁和寺」を等価交換方式で分譲。
大阪営業所も【ユニーブルシリーズ】に本格的に取り組む。
ユニホー友の会「ユニ・ファミリア」発足。
名古屋市内でも等価交換方式を展開。
資本金を3億6,000万円に増資。
1981 大阪営業所を関西の商業スポット・梅田の「大阪駅前第2ビル」移転拡充。
東京の渋谷・池袋両営業所を合併し、市ヶ谷に新事務所を移転拡充。
1982 ユニーブルシリーズ、東京、大阪で快調、完売ラッシュ。長久手住宅展示場開設。
1983 高額物件「ユニーブル横浜山手」発売。
大阪でワンルームマンション「ユニーブル新大阪」好評発売。
1984 顧客サービスの徹底を前提とした「345作戦」スタート。資本金を4億9,500万円に増資。
拠点需要に対応するユニホーリフォームフランチャイズチェーンをスタート。
ユニホー東京営業所オンライン導入。
1985 ユニーブルシリーズ一斉にカラーオーダーシステム採用。
1986 三菱商事と「住まい館」業務提携スタート。優良開発事業指定「マリオン大曽根」竣工。
1987 名古屋、東京、大阪の拠点を「事業本部」に昇格。
1989 「豊田営業所」開設。CIを実施し、マーク・ロゴタイプを一新。
1990 資本金を11億3,375万円に増資。「広島営業所」「札幌営業所」開設。
1991 東京・大阪を支店とする。
1993 輸入住宅第1号「CANADA HOUSE」竣工。
1994 輸入住宅専門施工として「仮称 近代工場」設立。
1995 「アジア開発室」新設。
1996 名古屋市名東区に「新社屋」竣工。
1997 「仙台営業所」「福岡営業所」開設。
1998 「新潟営業所」開設。
1999 株式会社東京管理センター、株式会社辰の株式取得。
2000 株式会社西洋ハウジング、株式会社西洋コミュニティの株式取得。
2001 関連会社 有限会社ライフポート設立。「金沢営業所」開設。
2003 資本金を12億7,375万円に増資。
東京都千代田区にオフィス兼分譲マンション「パルシオ五番町」を竣工、東京支店を同所1階へ移転。
2004 株式移転により親会社株式会社ZENホールディングスを設立。
(株)西洋コミュニティ・(株)東京管理センター(同社の子会社タウンサービスを含む)の株式を株式会社ZENホールディングスに譲渡。当該3社は合併し、(株)ライフポート西洋となる。
2005関連会社 株式会社タケダサービスカンパニーを完全子会社化。
2006 有限会社ライフポートを吸収合併。健康関連事業部を新設。
2007 財団法人日本情報処理開発協会よりプライバシーマーク認定を取得。
2008 株式会社タケダサービス、株式会社辰を吸収合併する。
タケダサービスカンパニー、辰カンパニーとする。
2010 介護付有料老人ホーム「稲毛海気の郷」開設。

HOME